ワックス脱毛って何?

ワックス脱毛というのは、脱毛専用のワックスをつかっておこなう脱毛法です。

体毛が気になる部分にワックスを塗布して、体毛とワックスが接着したタイミングをみて引き剥がすことで、毛根からきれいに抜き取るという方法です。

その形態としては、ジェルタイプシートタイプなどが主流となっているようです。

脱毛はエステサロンでは定番ともいえるメニューですが、ここで使われるワックスは固形タイプのものもあります。

このままでは使えませんので熱を加えて柔らかくし、スパチュラなどを使ってきれいに塗ってから当て布で引きはがします。

ワックス脱毛は、頭部やひげを除いたほぼ全身の体毛に使えると、その自由度は高いものとなっています。

ただ、自宅でおこなう自己処理の場合は、あくまでも自分の手が届く範囲となります。
脚や腕、脇、ビキニラインなどの処理を中心に使われています。

このワックス脱毛のメリットとしては、表面的な処理にとどまってしまうカミソリや毛抜きなどとは違い、根元からすっきりと抜いてしまうので、次の毛が生えてくるまでの時間が長くかかり手入れの周期も長くなるということ。

個人差もありますが、大体2〜6週間程はもつのはないでしょうか。
ただ、基本的には1ヶ月に1回は手入れしたほうがいいといわれています。

また、カミソリなどは根元をカットしてしまうので、それがそのまま残ってチクチクしてしまいますが、ワックス脱毛では根元からすっきり取り除くので、このチクチク感を感じることがありません。

特に露出も多い腕の部分では、これは重要となります。

カミソリだと手で腕を触ったとき、人に腕が当たってしまったときなどに気づかれることもありますが、ワックス脱毛ではその心配がないのです。

肌にとっても嬉しいことがあります。
カミソリでの脱毛はその刃で肌も傷つけてしまいますが、ワックス脱毛ではその心配はありません。

なによりもはがすときに古い角質も一緒にはがしてくれるのです。
体毛がないだけでなく、きれいな肌にしてくれるのです。

ただ、デメリットもあります。
はがす際に痛みが伴うこと、永久脱毛ではないので定期的なお手入れが必要になるということです。
また、肌の弱い人は、まれに内出血をおこすこともありますので注意が必要なのです。

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスとは、ビキニライン内側のデリケートゾーンでの脱毛をする際に用いる脱毛法です。

アンダーゾーンとも呼ばれるこの部分の皮膚はとても薄く、カミソリなどでは肌がボロボロに荒れてしまうほどです。

また、脱毛時の痛みも、他の部位に比べて敏感になっています。

ですから、ワックス脱毛の中でも柔らかくて扱いやすく、安全性も高いブラジリアンワックスを使うのが無難といえます。

エステサロンでもブラジリアン脱毛はおこなっているところは多く、その際には安全性も比較的高い水溶性のシュガーワックスがよく使われているようです。

シュガーワックスとは、主に砂糖やハチミツなどをベースに作られている自然派ワックスのことをいいます。

肌荒れなどもおきにくいことはもちろん、万が一口に入ってしまったとしても無害といわれています。

このシュガーワックスは市販もされていますので、自宅でおこなう場合はこれを使うのがオススメです。

アロマ効果も高いライコンワックス

ライコン ハード アプリコットワックス 1kg Lycon [c]

価格:14,515円
(2014/7/17 14:49時点)
感想(0件)

ワックス脱毛の中でも、肌に優しくて安全性も高いと評判なのがライコンワックスです。

その仕上がりはとても滑らかできれい、衛生的に簡単に処理できると評判も高くなっています。

その周期も長く、個人差はあるものの、大体4〜6週間は効果が持続。

天然成分にこだわり、豊富なフレーバーとカラーバリエーションで世界中でも愛用されているのです。

ライコンワックスの特徴は、その弾力柔軟性
肌や毛質、部位を選ばずに使え、ブラジリアン脱毛やフェイシャルといったデリケートな部分での脱毛にも最適となっているのです。

香りや感触、そしてその色合いにアロマ的要素も加わっていますので、リラックス効果も期待できます。

腕や脚・ワキの下・ビキニラインはもちろん、ひげ・眉周辺・フェイシャルと、どの箇所でも使用可能の、脱毛法の中でも最も安全性が高い脱毛なのです。